• TOP
  • ご挨拶
  • 開催概要
  • プログラム
  • アクセス

プログラム

事前登録の受付は終了いたしました。

2014年2月12日(水)

TIME PROGRAM
10:00-10:10 受付終了 ご挨拶
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社 取締役社長 石田 壽典
10:10-11:40 基調講演
元日産GT-R開発責任者 水野 和敏 氏
[プロフィール]
世界に勝てる日本のものづくりとブランド創造
~いかにして従来車の半分以下の人、モノ、カネとたった3年でトップブランドスーパーカーを創りあげたか~
▼セッション概要を開く▼

「ゼロからたった3年で世界トップブランドスーパーカーを日産の象徴として創る」

カルロス・ゴーンCEOから、日産復活の象徴とグローバルブランド構築のフラッグシップとなる使命を与えられた「日産GT-R」プロジェクト。たった3年半の開発期間でその姿を現した「日産GT-R」は、「マルチパーフォーマンス・スーパーカー」という、新しいマーケットを創った。

パフォーマンスを象徴する独ニュルブルクリンクサーキットでは当時市販車最速のラップタイムを叩き出す脅威の性能を持ち、又停止から100Km/h迄の発進加速性能はわずか3秒、雪道の走破性もSUV以上、然し乍ら十分な広さの後部座席や荷室を備えるという高いユーティリティ性や、300Km/h の走行中でも隣の人と会話が楽しめるという従来では考えられない驚異の性能、機能を持ち合わせていた。価格は他のスーパーカーの数分の1という、世界をあっと驚かせるものだった。

この他に類を見ない、夢のような話を現実のものとし、プロジェクトの総指揮をとり成功させたのが、水野和敏氏である。実は水野氏はレースの世界においても同じ事を実践し、世界に、そして国内に輝かしい結果を残していたのだった。

この講演では、水野氏がこれまで実践してきた「世界で勝てるものづくり、その為に必要なプロセスやマネージメントだけでなく人造りや運営の基本」まで踏み込んで、自身の自動車開発やレースでの経験談を交えつつお話し頂くとともに、「日産GT-R」に込められた「日本のものづくりの価値」への想いを語って頂く。

11:45-12:05 B-EN-G Keynote
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社 取締役 プロダクト事業本部長 羽田 雅一

「MCFrameのこれまでとこれから」
12:05-12:20 休憩
TIME ランチセッション ランチセッション   ランチセッション ランチセッション
12:20-13:10 
※お弁当とお茶をご用意しております
受付終了MCFrame開発はクラウドで!エコシステムを支援するIIJクラウド
▼セッション概要を開く▼

昨今、情報システムにおけるクラウドの利用が本格的に進み始めています。IIJでは従来のオンプレミスに近いプライベートクラウド型のソリューションを展開しビジネスアプリケーションを絡めたエコシステムを構築しようとしております。本セミナーでは東洋ビジネスエンジニアリング様MCFrameでの協業の内容を中心に、IIJが考えるエコシステム戦略の全体像をお話しさせて頂きます。

株式会社インターネットイニシアティブ
第三事業部 第二営業部 部長
能丸 武士 氏

株式会社インターネットイニシアティブ

受付終了MCFrameを支えるオラクルテクノロジーの先進性と優位性
▼セッション概要を開く▼

MCFrameには先進的なオラクルテクノロジーが様々な形で採用されています。MCFrameはオラクルデータベース、ミドルウェアとの連携によって、より信頼性の高い、ハイパフォーマンスな生産管理を実現しています。本セッションでは、MCFrameに対してオラクルテクノロジーがどのように貢献し、お客様の業務にどう役立つのかをご紹介し、合わせてオラクルハードウェアとMCFrameとの連携が実現するよりコスト効果の高いソリューションについても解説します。

日本オラクル株式会社
Fusion Middleware事業統括本部
ビジネス開発本部 シニア・マネージャ
伊藤 敬 氏

日本オラクル株式会社

受付終了世界初のデータベース高速化技術が、イノベーションを加速する
▼セッション概要を開く▼

2013年10月、DBシステムの業界標準ベンチマークである「TPC-H」において未到達の領域であった最大クラス(100TB)に、日立のデータベース製品が世界で初めて登録されました。
本セミナーでは、データベースを高速化することで可能にした業務改革のステップと、ビッグデータの利活用事例をご紹介します。

株式会社日立製作所
情報・通信システム社 ITプラットフォーム事業本部 開発統括本部
ソフトウェア開発本部 ビッグデータソリューション部 主任技師
石川 太一 氏

株式会社日立製作所

受付終了製造業の視点から見た、事業継続のためのICT活用 ~震災 その時、富士通の工場は?~
▼セッション概要を開く▼

東日本大震災は、これまでの災害対策の考え方を大きく変えるものでした。今日の事業継続計画は、計画内容の有効性とともに、支障なく実行に移せるかどうかが問われています。実際に50以上の拠点で被災を経験した富士通の、パソコン/サーバの製造を担う福島工場の事例を紹介、製造業の視点から、データ保護を中心に考えるICTシステムの災害対策についてどう進めていくかをご説明します。

富士通株式会社
プラットフォーム技術本部 クラウドインフラセンター シニアマネージャー
佐藤 卓也 氏

富士通株式会社

TIME <製造業のIT最前線A> <製造業のIT最前線B> <製造業のIT最前線C> <グローバル展開> <製造業の経営戦略>
13:20-14:10
受付終了食品・化粧品製造業必見!「製造コスト削減の理想形」
▼セッション概要を開く▼

製造コストの削減活動を推進するためには、現場における正確な実績を把握し、どこにロスがあるかを顕在化することが大切である。製造現場のコスト要因・課題を可視化する『現場-経営 直結ソリューション』。「精度の高い原価計算」「原価差異分析」によるスピード経営と「誤計量・誤投入・誤作業防止」などの作業品質向上を両立させる『CIMVisionLIBRA EX(w/MCFrame』を活用事例含めてご紹介します。

横河ソリューションサービス株式会社
第三営業本部 技術部 コンサルティング1Gr
黒沢 潤 氏

横河ソリューションサービス株式会社

受付終了失敗しない無理のないパッケージ導入術とは?
▼セッション概要を開く▼

基幹システムのパッケージ化が進むものの、現状スクラッチ(手作り)開発が約7割も残っていると言われております。次期システムはパッケージ化を検討したが断念した、パッケージを採用したが結局は追加開発が膨れあがり当初の理想と違っていた等々、様々な悩みを依然もたれている企業様が多いです。本セッションでは、複数の事例をもとにパッケージorスクラッチ構築判断のヒントをお伝えします。

コベルコシステム株式会社
営業本部 第1営業部 東日本グループ グループ長
森 郁雄 氏

コベルコシステム株式会社

受付終了スマデバ活用の最新事例!iPhone×MCFrameによる現場の"見える"化
▼セッション概要を開く▼

本セッションではMCFrameユーザ様で初めてiPhoneとの連携によるスマートデバイス活用を行った事例をご紹介いたします。
製造現場でどのようにiPhoneを活用し、基幹システムと連携を行い見える化を進めたのか”ペーパーレス”、”リアルタイム”など高度化する製造現場の最新の事例を用いてご説明いたします。また製造現場以外にも利用用途が幅広いスマートデバイスの様々な活用事例もご紹介いたします。

株式会社日立ソリューションズ
関西産業本部 第1システム部 技師
小川 宏行 氏

株式会社日立ソリューションズ/株式会社日立製作所

受付終了モノづくりを支えるこれからのグローバル生産管理システムを目指して
~開発、製造、営業、サービスをシームレスにつなぐ情報基盤構築~
▼セッション概要を開く▼

多様化する世界市場を勝ち抜く為、企業は商品ライフサイクルを短くし短納期で新商品を市場へ投入している。
アマダは生産方式の変革とともに、グローバル化、M&Aを通じてモノづくりを世界展開している。今回、30年来時代に沿った形でノウハウを盛り込み作りこんだ生産管理基幹業務システムを刷新。
 ①アマダ生産方式変革推移と製造システム全体像
 ②基幹業務システム刷新経緯、課題と対策
 ③グローバル展開と拠点展開
 ④企業価値を高めるこれからのグローバル生産管理システム

株式会社アマダ ICTシステム部 PM支援グループ リーダー 
宮渕 貴之 氏

株式会社アマダ様

受付終了グローバル展開する日本企業を支えるITのあり方
▼セッション概要を開く▼

日本企業にとってグローバルへの進出・展開は新たなテーマではなく、もはや必要不可欠なものとなっています。特に海外拠点での製造・販売など、事業の根幹に関わる業務を安定かつ信頼性をもって遂行できる基盤作りは、眼下の課題と言えます。本日講演では、 グローバル展開する日本企業を支えるIT面の構築・運用やエンドユーザ向けサービスなど SCSKによる取り組み事例をご紹介します。

SCSK株式会社
産業システム事業部門 西日本産業第二事業本部 マスターシニアコンサルタント
安井 義孝 氏

SCSK株式会社

14:20-15:10
受付終了同業他社様お断り!!
全て見せます "MCFrame 生産管理"
▼セッション概要を開く▼

MCFrameは様々な業種・業態の製造業の多種多様なニーズにお応えできる基本機能と高い柔軟性をもつ基幹業務パッケージです。国内外で380社以上の導入実績がございます。
本セッションではMCFrameのコンセプト・特長のご紹介と、実際にMCFrame生産管理のデモンストレーションを行います。

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
プロダクト事業本部 マーケティングアライアンス部
部長 川村 将夫

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社

受付終了これからの原価管理
~コスト競争力を引き出す仕組みづくり~
▼セッション概要を開く▼

近年製造業では、競争力強化の一環として原価管理の導入・刷新を検討する動きが目立っています。
しかしながら、財務視点から標準原価のみの導入に留まっているケースや、既存ERP上で原価管理を行っているものの、粒度が粗く効果が出ないケース、情報の公開/活用方法が未整備と、様々な課題を抱えているのが現状です。
本講演ではMCFrame原価管理を利用した事例を中心に、原価管理の課題にどのように対応し、効果に繋げていくかをご紹介いたします。

株式会社ワイ・ディ・シー
ビジネスソリューション事業本部 ビジネスソリューション第2部 第1グループ
中村 康男 氏

株式会社ワイ・ディ・シー

受付終了~大手自動車部品製造業のノウハウから紐解く~
ERPを自動車部品製造業で活用するための3つのポイント
▼セッション概要を開く▼

日本の自動車業界のサプライチェーンは、メーカー毎に独自に構築されており標準化が進んでおりません。自動車部品製造業様の受注・出荷業務を中心とした業界特有業務と自動車メーカーや二次メーカー毎の独自要件へのテンプレートソリューション『RAIC』をご紹介します。

株式会社 両毛システムズ
製造ソリューション課 課長
田所 貴幸 氏

株式会社両毛システムズ

受付終了海外拠点での基幹システム選定と導入のポイント
▼セッション概要を開く▼

当社はタイの工場新設に伴い、現地に適した基幹業務システムを導入しました。
言語、文化、慣習等、日本と環境が異なる、現地でのシステム導入は一筋縄でいかない中、本社主導でグローバルシステムの検討プロセスをどのように進めたのか、また、導入や運用時にどのようにして現地メンバと意識を合わせ、プロジェクトを進めたか等をご紹介いたします。

株式会社ミルボン
情報企画室 統括マネージャー 
畠中 健二 氏

株式会社ミルボン様

受付終了海外工場の経営力は5Sの状況を見ればわかる
~キャッシュフロー経営を実践するための秘訣~
▼セッション概要を開く▼

海外展開が加速する中で、経営の基本となるキャッシュフローを理解されないまま、気づけばキャッシュを激減させ経営に苦しむ事例が多数ございます。またキャッシュフロー経営の第一歩は、実は5Sにありますが、現場で形骸化しているケースがほとんどです。本トラックでは、経営推進の基本であるキャッシュフロー経営とその実践方法について、事例を交えて解説します。
【キーワード:勘定あって銭足らず、在庫は仕事の質のバロメーター、キャッシュフロー経営の実践は5Sから】

株式会社ジェムコ日本経営
取締役 グローバル事業担当
高橋 功吉 氏

株式会社ジェムコ日本経営

15:20-16:10
受付終了AR(拡張現実)の適用による製造現場の変革
~スマートデバイス活用で変わる現場ワークスタイル~
▼セッション概要を開く▼

スマートデバイスの活用で生産現場の問題をその場で解決するスピーディーな業務の完結や、グローバル環境での生産工場のデータ連携など、製造現場での新たなワークスタイルの変革に関心が高まっています。
今回は、AR(Augmented Reality:拡張現実)の現場利用や、海外とのやり取りを高速に実現するミドルウェアを活用したソリューションをご紹介します。

富士通株式会社
ミドルウェア事業本部 商品企画室 ソフトウェア技術営業部 部長
中村 浩一 氏

富士通株式会社

受付終了在庫が示す貴社の実力。PSI情報の徹底分析で需給調整業務改善の秘策!PSI Visualizer
▼セッション概要を開く▼

目まぐるしく変化するビジネス環境において、数千から数万に及ぶ商品に対し的確に需要変化を察知して適正な生産・調達をしていくためには、KKD(経験・勘・度胸)だけでは不十分です。大量のPSI情報を素早く可視化し、問題発見と対処をガイドする分析ツール「PSI Visualizer」を利用すれば、需給調整業務の劇的な負荷軽減と業務精度向上が可能です。本セミナでは、MCFrame認定ソフトウェアになっている本ツールをご紹介します。

株式会社日立ソリューションズ東日本
第二ソリューション事業統括本部 担当本部長
内海 由博 氏

株式会社日立ソリューションズ東日本

受付終了製造業様必見!事例から学ぶ原価管理構築のポイント
▼セッション概要を開く▼

グローバルを含めた市場環境の大きな変化を受け、製造業においてもものづくりの根本から見直さなければならない状況となっております。そのような状況においてどの製品が儲かっているのか?そうではないのか?タイムリーに把握する仕組みづくりが要求されております。本セッションでは、製造業におけるMCFrame原価での構築事例をもとに、これからの原価管理の仕組みな必要となるものをお伝えいたします。

コベルコシステム株式会社
ERPソリューション本部 
生産ソリューション部 担当課長
岡本 康孝 氏

コベルコシステム株式会社

受付終了海外専用MCFrame
"MCFrameのクラウド Start-Up Edition"の全貌
▼セッション概要を開く▼

生産拠点の海外展開が進む中、ハンドからシステムを軸とした運用へのシフトが求められていますが、海外拠点には海外拠点のシステム導入・運用の勘所があります。
『MCFrameクラウド/ Start-Up Edition』はMCFrameの多数の海外導入実績をもとに企画・開発された海外専用の生産管理・原価管理ソリューションであり、最短2ヶ月での導入のほかクラウドでの使用も可能です。
本セッションでは海外導入の勘所とそれに対する『MCFrameクラウド/ Start-Up Edition』の解をデモンストレーションを交えてご紹介いたします。

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
プロダクト事業本部
マーケティングアライアンス部
MCFrame コンサルタント
吉原 一記

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社

受付終了MCFrame導入企業の経営トップが語る9ヶ月短期導入の裏側
▼セッション概要を開く▼

パッケージソフトの特性を理解し、9ヶ月で生産・販売・原価システム導入を実現した白鳥製薬株式会社様より、プロジェクト運営における留意点、パッケージの活用方法を具体的にご紹介頂きます。
【キーワード:カスタマイズするべきは基幹システムではなく業務プロセス!?】

白鳥製薬株式会社様
専務取締役 白鳥 悟嗣 氏

白鳥製薬株式会社様
sponsored by 株式会社インテック

16:20-17:10
受付終了リーダー企業の成功事例!トレードオフに挑戦したプロジェクト紹介!! ~あなたならどうしますか?「経営と現場の両立」と「全社最適と工場の独自性の両立」~
▼セッション概要を開く▼

全社最適と個別最適。両立が難しいこのテーマは「誰のためのシステム導入なのか」という課題を投げかけます。個別工場と全社、現場部門と経営層、システムに求める機能や計数レベルが異なる方々にとって全体的にメリットあるシステム導入手法とは?本講演では、生産管理・原価管理に対する工場のニーズを満たし、かつ全社的なシステム統制の実現を図ったお客様事例をご紹介します。また、「旧システムは工場で使われないためにデータが取得できなかった」、などITシステム以外の業務運用上の問題に対する解決方法や工夫点も合わせてお伝えします。

株式会社インテック
ビジネスソリューション事業本部 
I-MCFシステム部 コンサルタント 
平田 隆文 氏

株式会社インテック

受付終了製造業とiOSコンソーシアム会員が語る、スマートデバイス活用による製造現場情報革命の現状と未来
▼セッション概要を開く▼

株式会社ツバメックス様、旭テック株式会社様とiOSコンソーシアム製造WGの会員をお迎えして、スマートデバイス導入による効果創出と運用定着について、事例を交えながらパネルディスカッション形式でご紹介いたします。また将来の活用方法についても、現場、コンサルタント、ベンダのそれぞれの視点から探っていきます。

旭テック株式会社
株式会社ツバメックス
iOSコンソーシアム

旭テック株式会社/株式会社ツバメックス/iOSコンソーシアム

受付終了生産管理部門の現場力向上に欠かせない情報資産の活用法
▼セッション概要を開く▼

企業の基幹システムに蓄積された大量データの有効活用が企業価値を高めるといわれる中、今やデータの「分析力」が企業の競争力になっていると言っても過言ではありません。しかしながら、うまく
活用されていないのが実態です。それはなぜか?企業によるデータ活用の成熟度を高めるために、我々が提案すること、これからの取り組みについて、MCFrame BIのデモンストレーションを交えてご紹介いたします。

ウィングアーク株式会社 
営業本部 第4営業部 第1グループ
中野 浩士 氏

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
プロダクト事業本部 プロダクトサービス本部コンサルティングサービス部 副部長
樋口 亮平

ウイングアーク株式会社/東洋ビジネスエンジニアリング株式会社

受付終了中国、タイ、シンガポールの現地駐在員レポート!日系製造業システム導入の実態と抑えるべき要点
▼セッション概要を開く▼

中国、タイ、シンガポールそれぞれ現地で製造業の基幹システム導入を支援する3人のコンサルタントがそのポイントを解説し、各国展開時に抑えるべき共通点
と相違点を探ります。

Toyo Business Engineering (Thailand) Co., Ltd. Senior Manager 渡邉 祐一
Toyo Business Engineering Singapore Pte. Ltd. General Manager 山下 元士
Toyo Business Engineering (Shanghai) Co., Ltd. Senior consultant
佐々木 淳

東洋ビジネスエンジニアリング海外現地法人(上海・タイ・シンガポール)

受付終了同業他社様お断り!! 全て見せます "MCFrame 原価管理~「現場」・「営業」・「経営」をつなぐビジネスチェーンとしての活用ポイント~
▼セッション概要を開く▼

激化するコスト競争、不安定な市場環境。このような先の見えない時代を生き抜くためには、「現場」「営業」「経営」が一体となったPDCAサイクルを効率的かつスピーディーにまわしていく必要があります。
本セッションでは日本の製造業様に多数ご採用され、「原価管理ノウハウ」を集約したMCFrame原価管理のコンセプト・特長・活用ポイントについて、デモンストレーションを交えてご紹介いたします。

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
プロダクト事業本部 マーケティングアライアンス部
MCFrameコンサルタント
迫田 圭

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社

お問い合わせ先
10:00~18:00 (土日祝日を除く)
MCFrame Day 2014 事務局
TEL: 03-5768-3617 FAX: 03-3794-0425
E-mail:mcframeday2014@cnsinc.jp
・同業者の方のお申し込みはお断りしております。
・同時間帯のカンファレンスはご選択いただけません。
・講演タイトル、内容、講演者は変更になる可能性がございますので予めご了承ください。
・カンファレンスの申し込みに関するご質問については下記、事務局にお問い合わせください。
・満席になったカンファレンスの追加申し込みは予定しておりません。
PAGE TOP