トレーニング MCFrame導入を円滑に進めるために必要なスキルを効率的に習得していただくために

食品業界向けロスとコスト削減による競争力強化セミナー

~ 食品業界の潜在的なロスとコストは削減可能です~
2013年9月11日(水)14:00-17:00 (13:30 開場・受付開始)
会場:東洋ビジネスエンジニアリング株式会社 本社(千代田区大手町)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
原材料の高騰、グローバル競争の激化、益々求められる食の安心・安全対応など、山積する経営課題にさらされている食品業界。今後より一層、業務プロセスに散在するあらゆるロスの顕在化、定量化することから課題を克服していく必要があります。そのためには、今最も効果的といわれている原価管理の機能を強化することが重要です。

そこで、今回のセミナーは、食品業界の経営ロスコストと原価管理に着目し、具体的によく発生している課題と具体的且つ効果的な打ち手について事例を参照しながら解説します。

皆様、是非、ご参加くださいますようお願いいたします。

本セミナーは製造業のお客様を対象としています。
 ・経営者、各事業部責任者、経営企画部門責任者・担当者
 ・設計、開発、製造、品質管理部門責任者

※本セミナーは同業他社企業のご参加をお断りする場合がございます。あらかじめご了承お願い申し上げます。

セミナー詳細

14:00-15:30 第一部
経営ロスコスト・アプローチによる改善改革方法論 (食品業界編)


食品業界の業務プロセスには、オペレーション、マネジメント双方で潜在的なロス(損失)が他業界と比較してまだまだ沢山ある。まず、このロスと発生要因を明らかにしロスを顕在化することが重要だ。次に、ロスを潰す打ち手を実行する必要がある。しかしながら、多くの企業様では、旧来からの原価管理方法の踏襲によりロスを十分に把握できていないというのが実態であり、原価管理を更に強化することによりロスを顕在化させ、的を射た対策を打っていくことによりコストダウンが実現する。 本セッションでは、食品業界によくある経営ロスコストに着目し、収益改善、さらには改革へとつなげていく方法論を紹介する。具体的には、ロス全体を捉える方法論、原価管理からの収益改善・改革への展開について、事例を交えて解説する。

株式会社ジェムコ日本経営 コンサルティング事業部
本部長コンサルタント
畑 和宏/古谷 賢一 氏
15:30-15:40 休憩
15:40-16:30 第二部
現場ロス低減へ ~作業品質の向上・安定化システム活用事例~

「誤計量防止」「誤投入防止」「誤作業防止」は、オペレーターの手作業をなくすことができない食品業界では、永遠の課題となっており、現場では作業の標準化、指示書・手順書(帳票)作成、ダブルチェックなど人海戦術でこの課題に取り組まれている。本セッションでは、食品業種向け製造管理システム『CIMVisionLIBRA』を導入し、現場課題に取り組んだ事例や効果を紹介する。
横河ソリューションサービス株式会社
第3営業本部技術部コンサルティング 1グループ
黒沢 潤 氏
16:30-17:00 第三部
損益管理から原価管理まで食品業界のコストマネジメントシステム活用事例

近年、原価計算システムに求められる要求レベルが非常に高まっている。つまり、従来の財務決算目的の「原価計算」から、管理会計目的で現場改善や収益管理に使える「原価管理ツール」としての役割が求められている。B-EN-Gの『MCFrame原価管理』は日本の製造業様で多数ご採用され、「原価管理ノウハウ」を集約した原価管理パッケージとして評価いただいている。製造業様の「現場」・「営業」・「経営」をつなぐビジネスチェーンとして、食品業界の導入済み企業でどのように『MCFrame原価管理』が活用されているかを紹介する。
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
プロダクト事業本部 マーケティングアライアンス部 部長
川村 将夫

開催概要

タイトル 食品業界向けロスとコスト削減による競争力強化セミナー
~ 食品業界の潜在的なロスとコストは削減可能です~
日 時 2013年9月11日(水)14:00-17:00 (13:30 開場・受付開始)
開催場所 東洋ビジネスエンジニアリング株式会社 本社(千代田区大手町)
定 員 40名 (事前登録制)
参加費 無料(事前登録制)
主 催 東洋ビジネスエンジニアリング株式会社/株式会社ジェムコ日本経営/横河ソリューションサービス株式会社
共 催
協 賛
お問合せ   

※本セミナーは同業他社企業のご参加をお断りする場合がございます。あらかじめご了承お願い申し上げます。