トレーニング MCFrame導入を円滑に進めるために必要なスキルを効率的に習得していただくために

グローバル時代のコスト競争力強化実践セミナー2013(秋)

~抜本的コストダウンを実現する『原価管理』『購買改革』~
2013年11月8日(金)14:00-16:45 (13:30 開場・受付開始)
会場:東洋ビジネスエンジニアリング株式会社 関西支店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
4月、7月前回満席で好評いただいた「グローバル時代のコスト競争力強化セミナー」を内容新たに開催致します。さらなるコストダウンに迫られている製造業が、具体的にどのように収益を上げていけばよいのか。今回は経営ロスコストという切り口でロスを顕在化した上で、購買面、生産面の改革で着実にコストダウンする方法について解説します。さらに、原価管理を強化するアプローチについて事例を交えて解説します。

皆様、是非、ご参加くださいますようお願いいたします。

本セミナーは製造業のお客様を対象としています。
 ・経営者、各事業部責任者、経営企画部門責任者・担当者
 ・設計、開発、製造、品質管理部門責任者

※本セミナーは同業他社企業のご参加をお断りする場合がございます。あらかじめご了承お願い申し上げます。

セミナー詳細

14:00-15:30 第一部
グローバル競争に勝つための経営ロスコストアプローチ
~原価管理強化・購買改革によるコストダウン活動のススメ~

多くの製造業の業務プロセスには、オペレーション、マネジメント双方で潜在的なロス(損失)が沢山ある。グローバル競争が激化する昨今では、ロスの存在とその発生要因を顕在化することがこれまで以上に重要です。さらに、ロスの顕在化に留まらず原価管理を強化することが、ロスの削減・撲滅に対してはより有効であり、的を射た対策につながっていきます。生産性向上はもとより購買活動の強化もロスをつぶす重要な施策となり大きなコストダウン効果が期待できます。(購買面からの取り組みは、即効性のある経営ロス削減である)本セッションでは、製造業の経営ロスコストを、外部流出費用の削減につながる「契約」面、内部発生費用の抑制につながる「効率」面の2つの面から捉え、さらに原価管理を強化するアプローチについて事例を交えて解説します。

【ポイント】経営ロスコスト削減事例、原価管理改善による収益改善事例、価格妥当性を目利きする購買技術、コストダウン目標を達成するための購買アプローチ、生産性向上の基本・労働効率の追求等

株式会社ジェムコ日本経営 コンサルティング事業部
本部長コンサルタント
畑 和宏 氏
15:30-15:45 休憩
15:45-16:45 第二部
~損益管理から現場改善まで~MCFrame 原価管理の活用事例紹介

グローバル競争が激化する中、企業グループ全体でのグローバルSCMの再整備・再構築が求められています。原価管理に関しても、日本の製造業がグローバル市場で評価され、かつ競争優位を維持し続けるために必要とされるコストマネジメントが必要となります。 MCFrame XA 原価管理では、プロダクトライフサイクル軸とサプライチェーン軸の2軸から、コスト視点、キャッシュフロー視点、機会損失視点、収益性視点といった企業全体の活動指針を支援します。本セッションでは、導入済み企業でどのようにMCFrame 原価管理が活用されているかをご紹介します。

【ポイント】精緻な原価計算により、目標となる利益を創出するためのPDCAサイクルをきっちりと回すことと、そこから繋がる現場改善、収益管理に繋がる仕組み
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
 プロダクト事業本部 プロダクトサービス本部
 システムインテグレーション1部 副部長
 福神 啓太

開催概要

タイトル グローバル時代のコスト競争力強化実践セミナー2013(秋)
~抜本的コストダウンを実現する『原価管理』『購買改革』~
日 時 2013年11月8日(金)14:00-16:45 (13:30 開場・受付開始)
開催場所 東洋ビジネスエンジニアリング株式会社 関西支店
定 員 20名 (事前登録制)
参加費 無料(事前登録制)
主 催 東洋ビジネスエンジニアリング株式会社/株式会社ジェムコ日本経営
共 催
協 賛
お問合せ   

※本セミナーは同業他社企業のご参加をお断りする場合がございます。あらかじめご了承お願い申し上げます。