トレーニング MCFrame導入を円滑に進めるために必要なスキルを効率的に習得していただくために

在庫適正化セミナー 

~1年で大きな効果を出す在庫適正化のポイントと実践事例~
2014年3月13日(木)14:00-17:00 (13:30 開場・受付開始)
会場:東洋ビジネスエンジニアリング株式会社 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
 市場の需要が絶え間なく変化する中、即応性の高い在庫管理が求められています。製品の早期切り替え、グローバルニーズの多様化等、大きく需要が動く中、適正水準をどう見極めるか、いかに適正水準を崩さず保ち続けるかは難しい課題で、業務プロセスの改善はもとより、在庫データ、そして、ITツールを上手に活用することが求められています。在庫のアンバランスから生じる欠品や過剰在庫は、業績悪化に直結します。言いかえれば、在庫の適正化は、こうしたリスクを最小化し、収益改善に繋げます。
 そこで、今回、コスト競争力を高める業務プロセス設計が得意なジェムコ日本経営、効果的な在庫調整のためのITソリューションに強みをもつ日立ソリューションズ東日本、そして、生産から原価管理に関するシステムに強みをもつ東洋ビジネスエンジニアリングの3社共催で、事例を交えた「在庫適正化とコスト削減」セミナーを企画しました。本セミナーでは、在庫の適正化に即応できる仕組みと効果をご紹介します。
 この機会に是非、ご参加をご検討くださいますようお願いいたします。

本セミナーは製造業のお客様を対象としています。
 ・経営者、各事業部責任者、経営企画部門責任者・担当者
 ・設計、開発、製造、在庫、販売、品質管理部門責任者

※本セミナーは同業他社企業のご参加をお断りする場合がございます。
あらかじめご了承お願い申し上げます。

セミナー詳細

第一部
今すぐできる在庫適正化/削減 
~1年で必ず効果を出す在庫適正化/削減~

在庫の「適正化」に関して、JEMCOでは、論理的、合理的方法論をすでに確立しており、即効的な在庫適正化による在庫削減で多くの顧客の在庫の適正化/削減を実現してきました。在庫の問題は、今や経営課題ではなくなりつつあり、また、在庫管理システム導入に1年以上費やさなくても素早く解決でき、効果が得られます。 今回は特に在庫最適化方法論のポイントを紹介するとともに、そこからの継続的な在庫削減の考え方と仕組み改革の事例などを紹介します。

株式会社ジェムコ日本経営
執行役員 コンサル統括
土屋 和広 氏
第二部
「見えなかった在庫が見えた!」在庫調整の決め手 PSI Visualizer

日々の注文や生産状況で刻々と変わる在庫。在庫水準を適切に保つには多くの手間と経験が必要です。特に膨大な種類の商品を管理する際は全ての品目に目が行き届かず、欠品や過剰在庫が発生しがちです。 本セッションでは、多くの商品に対してPSI(生販在)情報を素早く可視化し在庫評価することで、需給調整 業務を飛躍的に効率化するMCFrame連携需給バランス調整ソリューションをご紹介します。
株式会社日立ソリューションズ東日本
 第二ソリューション事業統括本部
 担当本部長
 内海 由博 氏
第三部
製造業の「在庫最適化」を実現する”MCFrame”の活用事例

昨今、製造業においてはお客様からの厳しい納入要求に常にさらされています。お客様への迅速なデリバリーを実現するには生産形態に応じた適切な在庫ポイントや在庫量を見定め、リードタイムの短縮を図る「仕掛け」が必要になります。B-EN-Gの”MCFrame”は日本の製造業様に多数ご採用され、在庫の最適化やリードタイム短縮を実現してまいりました。本セッションでは、MCFrameの持つ在庫統制をはかる仕掛けや在庫評価のしくみを紐解きながら、製造業様の現場においてどのように活用されているか紹介します。
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
 プロダクト事業本部
 コンサルタント
 山田 純一

開催概要

タイトル 在庫適正化セミナー 
~1年で大きな効果を出す在庫適正化のポイントと実践事例~
日 時 2014年3月13日(木)14:00-17:00 (13:30 開場・受付開始)
開催場所 東洋ビジネスエンジニアリング株式会社 
定 員 50名 (事前登録制)
参加費 無料(事前登録制)
主 催 東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
共 催 株式会社ジェムコ日本経営/株式会社日立ソリューションズ東日本
協 賛
お問合せ   

※本セミナーは同業他社企業のご参加をお断りする場合がございます。
あらかじめご了承お願い申し上げます。